« つるつるつる | トップページ | めんタイコさんと、ふぐたタラコぱすた »

2009年11月27日 (金)

ふぞろいな王冠たち

シャンパーニュを開けるとき
ワクワクする心

楽しみのひとつに、コルクを留めている王冠の
コレクションがあります

切手を集めたり、記念コインを集めたりする方がいるように

シャンパーニュの王冠は思い出の数だけたまっていきます

Dscf2583
お店の、「王冠コレクション・ボード」
通称「ミュズレ・ボード」!

※堅苦しい話
ミュズレは王冠とワイヤーの全体部分を指す意味が本当。
正確には王冠(プラック)・ボードと呼びます

Dscf2586
造り手さんが残してくれたサインは宝物です
こちらは、最近いらっしゃったPerrier Jouetの
醸造責任者Herve Deschamps(エルヴェ・デシャン)氏のサイン

~泡…いや、幾多の華…
ベルエ・ポックと共に~

エルヴェ・デシャン 2009.11.19

(は~~~~ カッコいイイ)

このボードに、実はサイズがハマらない子もいます

今日書きたいのは、こんなハマらない子

Dscf2580
この王冠は他のよりサイズが小さくて、ボードの枠から
落っこちちゃいます

普通のボトル(750ml)なのに。

Vranken Demoiselle Grande Cuvee NV
ヴランケン・デモワゼル・グランド・キュヴェ NV

今月グラスで出しているシャンパーニュ↑
味わいは繊細で、フレッシュ&フルーティー
エレガントな口当りにファンが多い!のですヨ

よく見ると…

Dscf2581
瓶口、首元の細さが異なります
←左がDemoiselle Grand Cuvee NV
→右がBollinger Grand Anee Rose 1999

ほかにも、このように通常の王冠のサイズと比べて
一回り小さいものに

Dom Perignonや
Dom Ruinart
Krug


などがあります
(みんな瓶口が細い)

規定の枠から落っこちちゃうので
綺麗にディスプレイできない

また、ボトルがぽってり太っちょだから
横型セラーに並べづらい

少々厄介な存在ですが、こんな意味も含まれています

不正な複製防止。

一般の形の瓶では、簡単にコピーを造れてしまう。
各メゾンの名がブランドとして確立しているからこその
一昔前までは、シャンパーニュ地方の深刻な悩みでした

一方、瓶口が細くぽってりした形のボトルは

メゾン特注の瓶を製造するのが難しいだけでなく、
シャンパーニュを製造するのにも手作業を強いられ
手間とコストが必然的に掛かります

工夫によって生み出された防止策、という歴史があるのです

唯一無二の価値を守るために。

(今は、伝統的な意味合いがほとんどですが)

ボードに填まらなくてイライラするときに
こういう背景に思いを馳せると

無性に愛おしく感じます

ほかと違ったっていいじゃない。

枠にハマれなくったって、いいじゃない。

あ~~、今日もシャンパーニュが美味しい!

Dscf2582

|

« つるつるつる | トップページ | めんタイコさんと、ふぐたタラコぱすた »

「毎日がスペシアル」」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1293390/32381002

この記事へのトラックバック一覧です: ふぞろいな王冠たち:

« つるつるつる | トップページ | めんタイコさんと、ふぐたタラコぱすた »