« 甘い誘惑2 | トップページ | もう一つの仕事 2 »

2009年12月14日 (月)

プチ忘年会in 六本木

昨日は一日中風が暖かく、過ごしやすい一日でしたね

一瞬雨がパラパラ… 
天気は頑張った なんとか持ちこたえました

夕方は銀座deシャンパーニュ、
夜は、六本木de日本酒に癒されました (Aさん、Iさんありがとうございました)

久しぶりによく飲んだ、プチ忘年会でした

Dscf8036

夜、六本木にて Iさんご紹介のお鮨やさん

六本木のお店は初めてでした

Dscf8039

白木造りのカウンターが温もりのある雰囲気を醸し出しています
居心地良い、素敵な時間をありがとうございます

Dscf8038
お酒 極上白鷹 純米大吟醸
冷やでいただきました  …何杯、いや何合飲んだっけ?? 

日本酒はぬる燗で頂くことが多いのですが、たまには冷やも良いですね

Dscf8037

牡蠣の酒蒸し ぷりっぷり  口に入れると汁が滲み出てきます
ほんのり柚子の香り

余談ですが、昔この柚子の香りが苦手でした
この香りで、すべての素材の味が変わってしまう気がして、いやだったのですネ

でも、今は大好き
実家にある大きな柚子の木を思い出します…
一人暮らしをするようになってから、
柚子をみると懐かしい気持ちになり、好んで食べるようになりました

実家では、毎年秋になると
祖父が柚子の木にのぼって、(今は母がのぼる役です)
柚子湯にしたり、料理に使ったりしています

柚子の木は棘があるので、手袋をしていても棘が刺さり
「いたいいたい☆」と言いながら木にのぼる母

マキロン持って、梯子を支えつつ もいだ柚子を下でキャッチする係の父

私は手伝わず、犬や鶏と遊びながらぼ~っと見てたっけ☆

そんなことを柚子を見ると思い出します

今は、
冷涼な地域のフルーティーかつ華やかなタイプに造ったワイン
(日本の甲州種など)のテイスティングのコメントで
柑橘の香りの例として、柚子やかぼすの香り…などと
表現することもあります

さて、からすみ。

Dscf8041
焼いてほろっと(左)/ねっとりそのまま(右)

日本酒に合うこと 筆舌につくしがたし

はぁ~~~~

Dscf8045
しめシャン シャンパーニュは素晴らしいお酒

Dscf8044

巨大なセラーを眺めながら…
「今年は何本飲んだかしら。。」

意外とそんなに飲んでないかも(^^)!

これからが忘年会やクリスマスでお酒を飲む時期ですね

貴方も肝臓を大切に!

…しないとイカンゾウ!

|

« 甘い誘惑2 | トップページ | もう一つの仕事 2 »

「毎日がスペシアル」」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1293390/32603249

この記事へのトラックバック一覧です: プチ忘年会in 六本木:

« 甘い誘惑2 | トップページ | もう一つの仕事 2 »