« 恵み | トップページ | 週末もスペシアル »

2010年3月13日 (土)

アンリ・ジロー セミナー

今月4日のこと…

ノムリエールの働いているお店に

シャンパーニュ「アンリ・ジロー Henri Giraud」のご当主
クロード・ジロー氏と、娘さんのエマニュエルさんがいらっしゃいました

(※「え?!聞いてないよ~」と思った方。
今回のイベントの集客はお店とは異なった媒体で行われました、、flair
店舗主催のとき、ご案内しますネ)

昨今、特に話題に昇り人気を集めている
実力派シャンパーニュ・メゾンです

まじめでどっしりした雰囲気のクロードさん
テキパキ頼もしいエマニュエルさん

7種のアイテムをテスティングしながら
クロードさんから、ワインの深さを学ぶ会でした


Dscf1373

~試飲アイテム~

Henri Giraud Esprit Brut NV
Henri Giraud Francois Hemart Ay Grand Cru NV
Henri Giraud Francois Hemart Rose Ay Grand Cru NV
Henri Giraud Code Noir NV
Henri Giraud Code Noir Rose NV
Henri Giraud Fut de Chene 2000
Henri Giraud Ratafia de Champagne  ※リキュールワイン

シャンパーニュをサーブするとき
特に注意しなければならなかったのは
提供温度でした

クロード氏は、あまり冷やさず、常温に近い温度で(14~16度/Fut de Cheneに至っては15度でも)
テイスティングすることを好んでいらっしゃいました


シャンパーニュ< ⇒ひいては、ワイン が持っている、

1、香りの要素をきちんと拾うため
2、口に含んだとき、果実味・酸味・渋み・(塩味・辛味)をきちんと感じ取るため

温度は大切なポイントです

なので、試飲グラスも白ワイングラスに近い、大きめのシャンパーニュ・グラスで。


若いものでも古いものでも
質の良いものを、環境に配慮しながら、本当に妥協せず地道に造っている…
そんな頑固さが、物静かなお人柄からうかがえました

ご用意したお料理は、、

Dscf1374_2


マンガリッツァ豚のブレゼ
八丁味噌とゆずのソース

アンリ・ジローの奥深い風味と、豚肉&八丁味噌が
何とも言えないマッチングshine

料理とシャンパーニュの組み合わせに、
クロードさんとAオーナーが絶賛shine


Dscf1372


Dscf1377
名古屋から、東京
午前試飲会、午後はディナー会

タイトなスケジュール、大変だったことでしょう。。

また、日本に来てください!


Dscf1348

その数日前に都内ホテルで行われた同氏のセミナー

Dscf1351


グラスに透けるロゴが美しかった。。

Dscf1349

|

« 恵み | トップページ | 週末もスペシアル »

「毎日がスペシアル」」カテゴリの記事