« 2009年12月27日 - 2010年1月2日 | トップページ | 2010年1月10日 - 2010年1月16日 »

2010年1月3日 - 2010年1月9日

2010年1月 9日 (土)

七草粥

8日、一日遅れで春の七草食べました

七種類、全部そろわなかったけど…
これで今年も心身健康!

昔、受験勉強してたときに
母が作って部屋の前においていてくれたのを
思い出しました…

ほっとする時間。

つい疎かにしがちな生活ですが
今年はこういうこともちゃんとできる年にしたいと思っています

心温かくなる食事でした

Dscf0630

↓蕪の煮物

Dscf0629


| | トラックバック (0)

2010年1月 8日 (金)

なんたって24時間☆

一日はあっという間です

「24時間 あっという間☆」

と、人によく言うと

「充実してるってことだよ」と、返ってくることもあります

そういう考えは素敵ですね
でも…?…?そうかしら…

時には、やりたいことと、違っていても?!

やりたいことやってても、私
できてなくても、私

どっちも愛してあげよう。。。。

と、無理やり納得させる 朝

誤解を回避すべく、付け加えます

私にとって仕事は「やりたいこと」ですよ
でも、他にも「やりたいこと」は沢山あるのです

「一日が30時間あったらいいのに」
昔よく思いました

自分の性格上、きっと削るのは睡眠時間

もっとしんどいじゃないか!

やっぱり24時間がちょうどいいのだ。

ぼや木でした こんな木も心の庭に植わってます

Dscf0191
2010年 柚子の木 

| | トラックバック (0)

Marc de Bourgogne (DRC) 1989

Dscf0618

今年の初体験、、Domaine de la Romanee ContiのMarc

Dscf0621

念願でした…

通常「搾り滓(カス)」という意味のMarc(マール)

ワインそのものを蒸留させた蒸留酒です

一部、樽熟していないタイプもありますが
たいていは古樽で熟成させた、茶がかった美しい琥珀色をしています

造り手によって、ワインの味が違うなら
同じように、マール(イタリアではグラッパ)の味わいも変わります

飲みたかったのは、そう、DRCのマール。

お客様のご厚意で勉強させていただきました

その味わいは、、、深い!!

ドライアプリコット、時間があくとビターチョコレート、黒糖のような香り
凝縮した果実味と、樽から来る若干の渋みが心地よくなじみ、

カドのとれたアルコール感が
滑らかに円を描くように口のなかに溶けていきます

鼻から抜ける余韻は…

まるで上質な葉巻のようでした

普段、自分は煙草も葉巻も全く興味ないのですが
こういう美味しい蒸留酒をいただいたときだけ
シガーを口に含みたくなるから、ふしぎです

「時間」を愉しめる、そんなお酒です

これは、仕事中に飲んじゃダメだ

ゆっくり、大好きな人と しっとりと時間をかけていただきたいマールでした

1989年 収穫
2007年 ボトル詰め

DRCのマールは、ロマネ・コンティやラ・ターシュ等の絞り残しを
ドメーヌ内で一貫して蒸留、樽熟されて得たブランデー。

当たり年のみ例外的に生産され、ワイン同様、希少価値が高いアイテムです
かれこれ●年、飲んでみたいと願い願った子でした

木樽熟成により、固さが取れ、まろやかな味わいになっています。
アルコール度数42度以下。

Dscf0622

貴重な経験をさせていただきました

最後まで読んでくださり、ありがとうございます

| | トラックバック (0)

2010年1月 7日 (木)

百代

2010年になって一週間が過ぎました

時の移り変わりはあっという間です…

今までがそうだったように
きっとこれからもそうでしょう

あっという間に20年、30年。

大好きなあの子達が飲み頃になってくる頃です

Rosegarden
2007年 Ruinartの門に開いた真っ赤な薔薇

さて、私はどんな大人になっているのでしょう

他人事ですね。 訂正。

さて、どんな大人になろうかな

たくさん笑って、腹筋痛いくらいの人生がいいなぁ

そんな体験の数々をこちらに綴っていきます

そして、何十年後も貴方はきっと読んでくださっているはず!
楽しいですね、こういうの。

| | トラックバック (0)

2010年1月 6日 (水)

大好物♪

貴方はなんの食べ物が好きですか?

私は、甘栗 大好きです♪(マカロンも大好きです)

Dscf06151

Dscf06171

小粒で栗本来の甘みがしっかり凝縮していました!

とても美味しゅうございました…

甘栗も、マカロンも全ての味わいが「好み!」というわけではありません

柔かさ、甘さ、温度、舌触り 

重要です

本場天津甘栗の小粒ちゃん、本当に美味しかったです

Dscf06141 紹興酒、いただきました☆

Dscf06131_2 顔 ツルツルパック 助かります☆

Iさん、ありがとうございました

| | トラックバック (0)

年賀状

お客様から、素敵な年賀状をいただきました

(ご本人了承のうえ、ご紹介させていただきます)

スタッフ全員にそれぞれ一枚づつ…

温かいメッセージと、似顔絵つきhappy01

2010年スタートから元気をいただきました

どうもありがとうございます

Dscf06091 ←ノムリエール

おおお☆  綺麗に書いてくださり光栄です☆
今年もDom Perignon 開けますよ~sweat01  飲んでね

Dscf06101 ←Mシェフ

すごく男らしい 雰囲気出ています
料理人だけあって、背景は肉と魚… うまいですね~~!

Dscf06111 ←Sちゃん

明るいイメージ、特徴を捉えていらっしゃいます☆
シャンパーニュを飲むときの嬉しそうな顔です

そして、、

いや 別にトリに持ってくるつもりではなかったのですが

Dscf06121 ←Aオーナー !!

なんかリアル!
これは、あれですね、仮装のときの!!

仕事初め、初笑いさせていただきました
とても雰囲気が出ています

このアプローチにスタッフ全員心がほぐれ、元気を頂きました

コメントの「なんか すみません…」というのも…妙に心をくすぐります
Tさん、本当にありがとうございます

他にも、お店に年賀状を出してくださった貴方

どうもありがとうございます

| | トラックバック (0)

2010年1月 5日 (火)

久しぶりに「まかない」

ここのところ、年末の繁忙期から
「まかない」のアップをご無沙汰しておりました

今日、お客様に言われて、

そうだ!載せよう…

Mシェフ、いつも美味しい「まかない」を
ありがとうございます

Dscf06001 1/4 豚の角煮~♪

Dscf01591
年末1 焼き豚定食 ポーチドエッグ添え

ご飯がどんぶり盛り 

「よく食べました!」

おかげ様で風邪も引かず年越せました☆

Dscf01451

年末2 大根おろしカツ煮定食

海苔がたまらない、海苔が!

| | トラックバック (0)

仕事初め

ノムリエールの職場は
2010年は1月4日から仕事初めでした

店内のお花も、お正月仕立てにアレンジしています

昔はお花の先生にお願いしていた活けこみも
だんだん慣れてきました

お花の酒類、、じゃないや、種類を覚えられて楽しい作業になってます

003

004

今日からまた一年、お互い身体に気をつけてがんばりましょう!

お店で貴方にお会いできるのを心待ちにしております

| | トラックバック (0)

2010年1月 4日 (月)

ヒガシマル☆うどんスープ

2009年夏、大阪にお邪魔したとき
「ヒガシマル」調味料の存在を教えてもらいました

たこやき焼くなら、ヒガシマルのソースで食べて

あっという間に月日は流れ、なかなか実現できていないのですが
昨夜、ヒガシマル印のうどんスープというものを発見!!

Dscf05961

あ~~~!この銘柄!!

大阪の家には必ずと言っていいほど常備している
伝統の味付け、、らしい

関東で例えたら、何に当るのかしら…

「めんつゆ」かしら 「めんつゆ」は便利です 煮物にも丼物にも使えます

んで、おうどんにして頂きました

↓↓↓

Dscf05991

美味しかった~~~!

優しい上品なお味…

関西の方が、
関東の味付けを「濃い」と仰るのが分かるような、薄味です

全ての味付けのベースになるニュートラルな味わい

おうどんのコシと風味を邪魔しない仕上がりでした☆

小田原土産の揚げ蒲鉾にもよく合いました

(*≧m≦*)

おいしかった~~!

Dscf0595

こちらは前日のおつまみ

揚げ蒲鉾とPaul Dethune Blanc de Blancs NV

Paul Dethuneの深く広がりのあるシャルドネと
揚げ鉾の中から香る干し海老の風味が殊のほか合いました

蒲鉾は少し焙って、温めていただくと美味しいです♪

楽しい時間をありがとうございました

| | トラックバック (0)

2010年1月 3日 (日)

おおきな木

小田原の実家の話

家の庭には、大きな夏みかんの木があります

Dscf0204

家と納屋、離れのちょうど間

庭のど真ん中に生えています

うちの夏みかんは機嫌が良く、絶えず豊作です

年中、実が付いている…

ときどき頭の上に実がドカンと落ちてきたりしますが。

Dscf0203_2

5月になると白い花をつけ
あたり一面ツンとする花の香りが満ちます

夏みかんの花の頃になると

「そろそろ家庭訪問かぁ」と思ったものでした

先生に、祖父が果汁を搾って出してくれるのですが
これがまた酸っぱい☆

身体にいいから、、とハチミツも加えずに供出してた祖父を懐かしく思います

この木を見て四季の風を嗅ぎました

んで、何を言いたいかというと…

「おおきな木」という絵本、ご存知ですか?

シェル・シルヴァスタイン(絵・作)のシンプルな絵本です

昔から何気なく読んでいたのですが
このお正月に久しぶりに読み返してみました

深い!!

少年の成長を見守る木

その心は何を思っていたのでしょう…

諭すでもなく、叱るでもなく

ただ、そこに在る。

(いつか甥っ子にも読んであげよう)

私にとって「おおきな木」は夏みかんであり
大黒柱の父なのだと、改めて思いました

いつも心配&迷惑かけている娘です

少しでも、私から幸せを与えられるような
一年を歩みたいと思います

両親へ
いつも応援してくれてありがとう

(明日東京に戻ります)

| | トラックバック (0)

« 2009年12月27日 - 2010年1月2日 | トップページ | 2010年1月10日 - 2010年1月16日 »