« 2010年2月7日 - 2010年2月13日 | トップページ | 2010年2月21日 - 2010年2月27日 »

2010年2月14日 - 2010年2月20日

2010年2月18日 (木)

Only The Best !

「オンリー ザ ベスト」

何のことだと思いますか?

最高のものだけを…

シャンパーニュ、G.H.Mummのコンセプトです

最高品質への飽くなき探究。

1827年の創業当初から、変わらずMummが貫いている姿勢です

畑にこだわり、最高級のぶどうから最高級のシャンパーニュを育てる
そして、最高のものだけを世界中の人々へ…。

品質に自身をもってポジティブに歴史を重ねる、、
素敵ですね



今日は、出勤前に
G.H.Mummのセミナーに行ってきました

Dscf1113_2

フランスから、
最高醸造責任者 ディディエ・マリオッティン氏を招いての
プレゼンテーションでした

G.H.Mumm「ジー・アッシュ・ムンム

日本では「マム」と呼ぶのが一般的ですが、フランスでは「ムンム」と呼びます
ちなみに私は「マム」と呼びます
フランスに行くと、「ムンム」と直され、一生懸命教えてくれるフランス人に気恥ずかしい想いがします

日本の明治44年に書かれた文書、、
宮内庁による“皇室御用達の許可証”のなかでは、
G.H.Mummは「ゼー・アッシュ・ムンム」と書いてありました 
この頃はちゃんとムンムと呼んでいたのですね

というか、スルーせずに驚くと
ムンムは日本の皇室御用達だったのですね

同許可証のなかで
シャンパーニュ・メゾンを「三鞭酒 醸元」と書いていたのも面白い発見でした…
外来語は、“音ありき” 
改めて実感。

Mummの代名詞となる、Cordon Rouge Brutは、

F1の公式シャンパーニュとして表彰台の上から振られるシャンパーニュです

赤いリボンの~

映画『カサブランカ』で、「君の瞳に乾杯!」と言われたときの あの子です

イングリッド・バーグマンに~

辛口でバランス良く、軽いタイプ
割と知名度もあり手に入りやすく、味わいもそつのない子なだけに

お店のグラスで出しても、「ああ、マムね」と言われてしまいがちです

でも…!

G.H.Mummの製品のなかでも
このノン・ヴィンテージ Cordon Rouge こそ
造るのに神経を使うものはない!!と
醸造長のマリオッティン氏は言っていました

毎年異なる気候条件のもと、異なる味わいのぶどうが出来るなか
いつも同じ味わいのCordon Rouge を創り上げるのは
非常に困難でデリケートな仕事です

2006年から醸造責任者を任され
大手G.H.Mummのブランドをその身に請け負う彼ならではの言葉でした

一つのCordon Rougeを造るのに使用する畑の数は70以上。
品種別、醗酵時に温度を変えるなど醸造工程の違いでタンクを分けると
原酒の数は150~200種類に及びます

これら様々な色合いの絵の具を組み合わせて、
毎年同じ絵を描いていくのですから 深いです

だから凄い!
シャンパーニュのAssemblage(調合)の醍醐味は、まさに
こうした複数の原酒から安定した味わいを醸しだすことにあります

Dscf1116

~本日試飲のアイテム~

G.H.Mumm Mumm de Cramant
G.H.Mumm Cordon Rouge Brut
G.H.Mumm Vintage 2002  ※今週の金曜(2/19)~発売
G.H.Mumm Rose Brut
G.H.Mumm Demi-Sec

Dscf1115

全てマロラクティック醗酵あり
基本的に全て、イノックス製のスティールタンク醗酵、熟成
(ロゼ用にブレンドされる赤ワインさえも!)

細やかな説明と、ぶれのないコンセプト

非常にいい勉強をさせていただきました

新しいヴィンテージ、2002年
熟れた果実にエキゾチックな香りが混ざり複雑な印象

今後もMummから目が離せません

| | トラックバック (0)

2010年2月17日 (水)

たこ焼き

ノムリエールの職場から、家までの帰り道

銀座松屋と三越の間の裏の通りに

「銀だこ」があります

ときどき、帰宅時間が遅くなった時

買って帰ったりします


たこやき、好き。


大阪の方に言ったら

「あんなんはたこ焼き、ちゃうで。たこ揚げや」

sign03sign03sign03


美味しいのにな~~

本場のたこ焼きは、
2009年7月に大阪にお邪魔した時
食べさせてもらいました 確かに美味しかったです


「関東で食べるには…?」


関西の方にお勧めいただいたのが
渋谷東急地下の 大阪風たこ焼き。

昔、新宿ハルク地下にあったお店が閉店して
渋谷にできたらしい


Dscf1066


いただきます!


Dscf1110


中までふわふわ
そして、とろとろheart04

銀だこのカリカリも私は大好きだけど
全く違った たこ焼きの食感shine 新鮮でした

ソースたっぷりが美味しいね

Dscf1109_2


お約束。

定食 vers.


多幸焼き、 幸せたくさん 懐かしい味


ぜひ一度お試しください

| | トラックバック (0)

2010年2月16日 (火)


今週月曜のこと。

出勤したら、お店のポストに
「こけし」がいました

Dscf1104


え…!?


こけし!??

…こけし!!!


送り主は、イニシアルのみ。。


こけしの中にお手紙が入っていました☆

こんなお便りがあるのですね

インターネット&メールが活用されている今
筆をとる機会が減っている私たちです


改めて文を頂くと感動もひとしおです


大切にします


Dscf1105


「Kより」


| | トラックバック (0)

2010年2月15日 (月)

雪の降る町から

冷たい雨のなか
どんより雲に大切に覆われた一日

今日も寒かったですね

雪降らば 作りたくなる 雪だるま…

(う~ん)

先日のことですが、東京よりももっと寒い町から
可愛い子がやってきました

「夢を見ました」と一緒に、、 宝物です

2010021123380000

力作…!

手がちゃんと刺さってる☆

でも、どこか切ない!!

ありがとう
(風邪引きませんように)

| | トラックバック (0)

2010年2月14日 (日)

貴方に (on 2/14)

貴方に

このブログを見てくださっている貴方に。

いつも温かいエールをありがとうございます


タイムリーにお礼を言えないこ自分が悔やまれます☆


心から…
ありがとう!


Dscf1099

| | トラックバック (0)

骨のハナシ 出ました☆

昨年末のブログで書いた、「骨のハナシ」

取材。

あのとき撮られたお写真が
無事、昨日出ました

『FRAU(フラウ)』  3月号(講談社)
 
特集:骨で痩せる!

Dscf1097


表紙

Dscf1098

ページは、、真ん中ぐらいだったかな…
コンビニに出ていました

ノムリエールは、Piper HeidsieckのRareを軽々と
持ち上げながら出ています…

久しぶりの女性誌でした

こういう機会がないと
なかなか女性誌をゆっくり眺めることがないので
非常に有り難いです

立ち仕事の方

一定の姿勢での勤務が長い方

時間が不規則な方…

みんな悩んでいることは一緒ですね!

骨まで愛して、

頑張りましょう。

私も、いつも応援しています!


後日談:Aさん、買ってくださりありがとうございました
女性誌、、なかなか読まないですよね… 同感!

| | トラックバック (0)

« 2010年2月7日 - 2010年2月13日 | トップページ | 2010年2月21日 - 2010年2月27日 »